住空間収納プランナー ベーシック認定講座

¥ 39,000(税込)

■標準学習期間:3ヶ月
■サポート期間:6ヶ月
■添削回数:1回

必須

講座の概要

快適な住空間を提案するプロを育成・認定試験合格を目指す!リバウンドしない収納・片付けの専門ノウハウを学び、

ヒアリングしながら適切なアドバイス力を身につける講座です。「住空間収納プランナー 認定試験」は、快適な住空間を提案するプロを育成・認定するために生まれた資格制度です。

 

修了者には ライフスタイルラボからの認定証を発行 W資格を目指すことができます。

講座の説明

リバウンドしない収納・片付けの専門ノウハウを学び、ヒアリングしながら適切なアドバイス力を身につける講座

現在「収納」は大変ブームとなっていますがそれは何故かというと、片付かなくて困っている人が非常に多いからなのです。

片付かない原因は管理できないほど多くの物を持っていることだけでなく、間取りが生活や持ち物に合っていないこともあげられます。これらを解決できるプロがいなかったため、現在は建築業界からも非常に注目をされています。

 

住空間収納プランナーでは、モノと住まいの関係、ヒアリング手法、収納の進め方、人間工学の知識、家具や物のレイアウト、建築の知識」など、片付かない様々な問題を解決できる内容を網羅しています。それらをわかりやすく学んでいただけるよう工夫されたのが公式テキスト「ベーシック」「エキスパート」「マスター」です。

この住空間収納プランナーベーシック認定講座では「ベーシック」資格取得を目標とします。

3段階のうち一番初めに学ぶベーシック講座では、どうして物が多く片付かないのかといった問題点から現在の暮らしを改善できる整理収納の手順まで学びます。

日常生活はもちろん、お仕事でもすぐにご活用いただける内容です。 読みやすいテキストと理解を深めるワークを用いて初心者の方でも取得しやすい講座となっています。

 

起業・独立を目指す方はもちろん、すでにハウスメーカーやインテリア会社などにお勤めの方、 セミナーやスクールで講師を勤める方も、次々に住空間収納プランナーの資格を取得して、各フィールドで大いに活躍しています。

 

 

こんな方にオススメ

・収納・片付けの専門ノウハウを学びたい方

・収納・片付けの技術を使い起業・独立を目指す方や仕事に活かしたい方

 

 

資格概要

【資格名】

住空間収納プランナー認定試験 (ベーシック認定試験)

 

【資格区分】

民間資格

※「住空間収納プランナー」を名乗るためには、日本収納プランナー協会へ年会費3,000円の納付が必要となります。

 

【受験までの流れ】

 (1) 添削課題(ワーク・認定テスト)と一緒に受験申込書をお送りください。

(2)日本収納プランナー協会より合格通知書・ベーシック認定試験問題一式を送ります。

(3)届いた日から2週間以内に問題を解いていただき、返送してください。

(4)日本収納プランナー協会より合格通知書と入会案内書が届きます。

(5)入会案内書をご確認いただき、ご入会の手続きをしてください。

(6)会員になりましたら、晴れて「住空間収納プランナー」としての資格を取得できます。

 

【資格概要】

食べて美しく、動いて美しく、知って美しくなるための身体と食と運動に関する基礎知識を有することを証明する資格です。

 

【受験資格】

本講座を修了した方

※ワーク・認定テストの成績が7割以上の方(年齢、学歴等の制約はありません)

 

【試験日程】

随時

 

【受検料】

無料

※受講生様は初回受験料が無料です。

 万が一不合格など再受験の場合は実費として5,000円がかかります。

 

【受験会場】

在宅試験

 

【試験形式】

理論80分:マークシート方式 (一部記述式)

実技90分:記述試験

 

【試験内容】

講座の範囲内からの出題となります。

 

【問合せ先】

一般社団法人 日本収納プランナー協会

東京都目黒区平町1丁目27-11-402

 

 

②【修了認定名】

住空間収納プランナー

 

【資格区分】

民間資格

 

【認定内容】

一般社団法人ライフスタイルデザインラボが認定する認定機関において、認定機関が実施する正規プログラムを一定の成績で修了することで授与されます。

 

【認定料】

講座料に含む

 

【問合せ先】

一般社団法人ライフスタイルデザインラボ 事務局

〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-8-10 オークラヤビル4F

MAIL:info@lifestyledl.jp

 

 

講師・開発者の声

■講師紹介

平岡 さなえ

Sanae’s Design 株式会社 代表取締役

マンションメーカー・ハウスメーカーとのコラボレーションを行い、快適住空間を提案。また、独自プログラムによる収納セラピーや空間デザインプロデュース、自然素材を使った家具のデザイン「収納プロダクトデザイン」なども手がける。

テレビ・ラジオへの出演、新聞・雑誌など各種メディアへの掲載、出版物執筆、各種講座やセミナー開催など、幅広く活躍中。

 

■講師メッセージ

みなさんこんにちは。

この度、講師を務めさせていただきました平岡さなえです。

私はこれまで片付かないとお困りの住まいをたくさん拝見し、お悩みを解決してきました。

片付かない空間には必ず原因があります。

それは、心の問題、物が多さ、収納空間が狭さなど、理由は様々です。

そのいろいろな問題解決のために、お客様の心に寄り添い、 物との付き合い方を一緒に考え、間取りの収納計画や収納家具のご提案をする人材が「住空間収納プランナー」です。

住空間収納プランナー養成講座で様々な知識を身に付けることによって、今後さまざまなフィールドでの活躍を期待されています。

是非、たくさんのみなさんが住空間収納プランナーを取得されることを祈っております。

 

 

講座のおすすめポイント

おすすめポイント1 片付けられなくて困っている人の手助けをする

昨今、メディアにはさまざまな収納テクニックが紹介されています。

100円ショップの収納グッズによる収納アイデアやデッドスペースの有効活用術など、役立つ情報もたくさん見受けられます。

しかし「収納=片付け」(モノを上手に収めること)というだけの認識では、いつかリバウンドが発生してしまうもの。 「片付けられなくて困っている人」にとって本当に大切なのは、モノとのつきあい方を根本から考え直すことです。

 

おすすめポイント2 「住空間収納プランナー」資格取得で仕事力もアップ!収納・片づけがうまくいかない原因について根本から学びます。

住空間収納プランナーはどうして片付かないのかといった原因を把握することから始めます。 片付かない方の中には物をどんどん手に入れてばかりでなかなか手放せない人も多いのです。また、「収納のやり方が分からない」といった声も多く聞かれます。そういった方は探し物が多い、何がどこにあるのか分からず二度買いしてしまう、リビングが雑然としていて落ち着かない等、様々なストレスを抱えているのです。

これらを解決できれば家では家事効率が上がり、職場環境では仕事の能率も格段にアップします。ベーシック講座を受講した方々は「まずは自分の家から片付けます!」と言われるほどモチベーションが上がります。

 

おすすめポイント3 お客様へのカウンセリング能力を養います。

問題解決のために住空間収納プランナーは「依頼主の現状をしっかり把握して原因を突き止めること」 「最も適切な解決方法(収納プラン)を導き出すこと」 「依頼主が良い状態をずっとキープできるよう適切なアドバイスを与えること」の、すべてをおこないます。

依頼主によって置かれている状況はそれぞれ異なるわけですから、仕事は常にカスタムメイド。住空間収納プランナーに必要とされる知識の幅はモノと住まいの関係、ヒアリング手法、収納の進め方、人間工学の知識、建築の知識、収納テクニックに関するノウハウ、間取りの収納診断、収納グッズや収納家具、デットスペースの有効活用方法…等 相当広いものになります。小手先のテクニックや「ちょっとしたアイデア」で乗り切れるものではありません。 だからこそ、きちんと勉強して頭の中を整理し、実力と自信をしっかりと身につける必要があるのです。

 

おすすめポイント4 試験は在宅で受験 検定受験料1回分が講座料金に含まれています。

検定は十分学習した後、ご自分のタイミングで必要書類を送付頂きますので、ご自宅で受験いただけます。当講座は一般財団法人日本収納プランナー協会認定講座となりますので、講座料金には、住空間収納プランナー検定受験料(1回分)が含まれております。追加で受験料をお支払いただく必要はございません。合否の判定は、日本収納プランナー協会より合否通知と認定のご案内が発送されます。

※万が一不合格など再受験の場合は実費として5,000円がかかります。

 

おすすめポイント5 インテリア業界でも需要が急増。活躍のフィールドが広がっています。

昨今、住空間収納プランナーへのご依頼で目立つのは「新しい家を建てるので間取りの相談にのってほしい」 「マンションをリフォームしたいので収納プランを考えてほしい」などといった声です。設計士さんや大工さん、インテリアデザイナー、 インテリアコーディネーターさんに付帯業務として依頼するのではなく、新築やリフォームの際に 「片付かない家」を知り抜いた収納のプロたちに収納に関するプランニングを任せたいという方が増えているのです。今日では個人のご依頼主だけではなく、ハウスメーカーや住宅リフォーム会社等の建築・不動産関係の企業から依頼の声がかかることもあります。また、収納セミナーや研修講師としてのオファーも増えています。

 

 

教材詳細

■教材一覧

1.協会テキスト+アイデア集 1冊 (ワークシート)

住空間収納プランナーとしての基本知識・ノウハウを学ぶテキストです。

整理収納の概念をしっかり身に付けることができ、 住まい・モノ・環境などの考え方やヒアリング・プランニングの基礎を身につけることができます。

2.間取りで分かる収納診断 1冊

3.本試験問題 1部

4.講義映像

 協会公式テキストにそった内容のeラーニング映像です

 

 

■学習の進め方

ステップ1 講義映像&テキスト学習で収納について一から学ぶ

まずは公式テキストを見ながら講義映像を視聴し、全体の流れを確認します。テキストでは片付かない原因を分析するところからはじまります。わかりやすく読みやすい内容になっているので、じっくり読んで内容を理解しましょう。講義映像は公式テキストの大切な箇所を解説しています。

 

ステップ2 アイデア集・テキストで収納テクニックを学ぶ

講義映像と公式テキストの学習の合間に、HOW TO本 の「アイデア集」で収納テクニックを学び、間取りの実例が豊富な「収納診断」で一軒家とマンションそれぞれの間取りを見ながら、リフォームや収納家具などを利用した解決方法を学びましょう。

 

ステップ3 ワークを通じて問題解決にじっくりトライ

テキストや講義映像で内容を把握したら、ワークで収納の考え方、進め方を体験しましょう。ワークでは、家のアイテムを書き出したり、お客様の片付けへのアドバイスを考えたり、実際の業務で使える技術を身につけます。提出が必要なワークもありますのでじっくり取り組んでください。

 

ステップ4 認定試験に挑戦 合格後は、資格認定

この講座では在宅受験が可能です。テキスト内容をしっかり理解できたタイミングで試験に挑戦してください。 合格すると、日本収納プランナー協会より合格通知と資格認定のご案内が送付されます。

 

■カリキュラム

住空間収納プランナーの仕事

現代の暮らしと住まいの問題点

物と住まいの関係

環境に与える影響

現状ヒアリング

整理収納の基本

収納プランニング

 

 

よくある質問

Q.  修了後の進路が知りたいです!

A.  講座で取得を目指す「ベーシック」は現在の生活に直結した内容ですのですぐに現状の暮らし役立ちます。お客様の片付かない悩みをしっかりとヒアリングし、一緒にレクチャーしながら作業をする「収納セラピー」・「収納アシスト」のお仕事をされる方もいらっしゃいます。

また、インテリアコーディネーターや建築設計と絡めてヒアリングやプランニングに活かす方も多く、もっと深く学びたい方はステップアップとして、エキスパート、マスターを受験される方が多いのも特徴です。

 

Q.  住空間収納プランナーに一番多い相談事は何ですか?

A.  一番多い相談が『子供部屋の片づけ方』です。

建築中のお客様も主婦の友人も、「自分で片付けられないし、物が見つからないのが悩み」なんだそうです。

成長につれ部活での必需品や趣味が増えるから物もあふれます。

かといって、小さい頃の思い入れのある物はいまだ捨てる事ができず子供部屋はハキダメ状態だと……。

理想は、お子さんが自分で子供部屋の整理整頓、管理できる事です。

 

Q.  住空間収納プランナーの仕事にはどんなことがありますか?

A.  片付かないとお困りの住まいに出向き、収納プラン、収納テクニックのアドバイスをします。

一人では解決できない場合は、実際に片付けの作業を手伝います。

また、リフォームや新築をお考えの方には、片付く住まいの収納設計や収納家具、収納グッズのご提案をします。

他にカルチャーセンターや公民館、住宅関連のイベントの講師を務める人も多くいます。

 

オススメ講座

▲ページトップへ戻る