日本人のための「やさしい日本語」活用講座

講座の概要

英語ではなく、日本語を使って外国人とコミュニケーションをとる技術を学ぶ。

 

■標準学習期間:3ヶ月
■サポート期間:6ヶ月

講座の詳細
¥ 35,000(税込)

必須
講座の説明

2016年末における在留外国人数は238万2,822人となり、前年末に比べ15万633人(6.7%)増加し過去最高となりました。また、2016年度の訪日外国人旅行者数は過去最高の2,400万人を突破。在留外国人、訪日外国人が増えてきた日本の中で、外国人の人権を守り、良い関係を気づいていくことが必要です。

日本人のための「やさしい日本語」活用講座では、日本語を学び直すことで、私たちが何気なく使っている日常会話をやさしい日本語に言い換えることで、外国人にも伝わりやすい言葉としてコミュニケーションを取る技術を学びます。在留外国人の実に8割は、母国語が英語ではありません。彼らにも理解できる日本語を学ぶことで、日本語を有効な共通言語として活用することができます。様々なツールを活用して外国の人と良い関係を作っていきましょう。

 

■講師紹介
福地 俊夫
埼玉県内の日本語学校において約3年間半、日本語教育に従事(専任講師として約2年間半)。日本語学校退職後、青年海外協力隊入隊。約2年間半ハンガリーへ派遣される。大学の日本学科や入門クラスで日本語教育に従事。教材・カリキュラム・辞書作成なども行う。帰国後、一橋大学大学院言語社会研究科修士課程入学。この間、非常勤講師として日本語教育に関わる。大学院修了後、都内の社会保険労務士・行政書士の事務所に勤務。また同時期、都内日本語学校において非常勤講師として勤務。行政書士試験に合格後、行政書士として独立開業。約8年間、主に外国人の法律問題に関わる相談業務・書類作成業務に従事。2008年行政書士を廃業。その後、埼玉県内の大学において留学生・日本人学生の初年次教育にも携わる。現在は主に、ヒューマンアカデミー日本語教師養成総合講座・やさしい日本語指導者養成講座の仕事をしている。
 
伊藤 美代子
一般企業を退職後、ヒューマンアカデミーにて日本語教師養成講座を受講。受講修了の直前に日本語教育能力検定試験に合格し、アメリカ人生活者への日本語プライベートレッスンを開始。2017年1月よりヒューマンアカデミー「やさし日本語指導者養成講座」を受講。修了と同時に都内2か所の日本語学校で非常勤日本語教師として勤務を開始。 やさしい日本語は、学校の 授業や学生とのコミュニケーション時はもちろんのこと、自身が住んでいる地域での国際交流活動や多文化共生の取り組みにも積極的に取り入れている。

 

■こんな方にオススメ
・職場で外国人と接する必要のある方
・地域に住む外国人のために何かをしたいと考えている方

・訪日旅行者をもてなしたいと考えている方
・子どもやお年寄りにわかりやすい言葉を使いたいと考えている方
・日本語のレベルを上げたいと考えている方

 

■教材一覧
1. 講義DVD2巻(eラーニング180分)
2. 1000問ドリル(eラーニング)
3. 講義テキスト 1冊
4. ホワイトボード型ノート 1冊
5. コミュニケーション支援ボード 8枚
6. すぐに使えるツーリズムやさしい日本語対訳本(音声データダウンロード付き)

 

■特典  
修了生には 修了証とやさしい日本語バッチを進呈
修了生はヒューマンアカデミー やさしい日本語指導者養成講座へ応用科目からの編入が可能(有料)

▲ページトップへ戻る