• TOP
  • キャリアスクール
  • 「人を癒すロボット」として最先端の家庭型ロボット 「LOVOT [らぼっと]」 開発者が語る ”ゼロイチ” 商品開発法

「人を癒すロボット」として最先端の家庭型ロボット 「LOVOT [らぼっと]」 開発者が語る ”ゼロイチ” 商品開発法

¥ 5,500(税込)

必須

講座の概要

「人を癒すためのロボット」「家族型ロボット」など、

新コンセプトでLOVOTを開発した林要氏。

これまでにない考え方で「ゼロイチ」でモノを生み出すときに意識されていることとは。

 

「LOVOT開発秘話」

「ゼロイチ発想法」

「フラットなGROOVE Xの組織や風土」

 

などを、オンラインライブ形式の当セミナーでは、

林氏に直接質問しながら聞くことができます。

講座の説明

【セミナー詳細】

日時:2020年7月30日(木) 19:00~20:30


【受講対象者】
 ・新規事業開発担当者
 ・IT化における「癒し」を考える人
 ・家族やコミュニケーションを考えたい人

 

【講師】

林 要 氏

GROOVE X 株式会社 代表取締役

 

1973年愛知県生まれ。98年トヨタ自動車入社、

同社初のスーパーカー「レクサスLFA」開発プロジェクトを経て、

2003年よりトヨタF1(Formula 1)の空力エンジニアに抜擢され渡欧。

07年トヨタ自動車にて量販車開発マネジメントを担当。

 

11年、孫正義後継者育成プログラム「ソフトバンクアカデミア」外部第一期生に選出。

12年ソフトバンク入社。

パーソナルロボット「Pepper(ペッパー)」のプロジェクトメンバーに登用される。

 

15年、ロボットベンチャー「GROOVE X」を起業。

18年12月、同社より人のLOVEを育む家族型ロボット『LOVOT[らぼっと]』を発表。

4年の歳月と約100億円の開発費を費やし、19年12月より『LOVOT』の出荷開始。

 

CES2020にて「INNOVATION AWARD」を受賞するなど国内外で注目を集めている。

著書に『ゼロイチ』がある。

オススメ講座

▲ページトップへ戻る