【簡単!!ビーズ刺しゅう】オートクチュールビーズ刺繍ジュエリー通信講座

¥ 60,830(税込)

必須

講座の概要

パリ・オートクチュールコレクションの刺繍芸術が息づく技法を学ぶ

 

本講座では、シャネルやクリスチャン・ディオール、イヴ・サンローランなどのモード界の名立たるメゾンのオートクチュール・コレクションを支えているパリの伝統刺繍が息づく技法を学びます。


オートクチュール刺繍の中でも華やかなビーズ・スパンコール刺繍や糸刺繍、リボン刺繍、ゴールド刺繍などの歴史ある技法を系統立てたカリキュラムで、作品は全て身につけて楽しめる洗練されたジュエリーに仕立てます。


針は作品の裏から刺す熟練が必要な専用のリュネビル針は使用せず、表から刺す扱いやすい縫い針“マントゥーズ技法”のみで刺繍しますので、初心者の方でも安心して職人技のオートクチュール刺繍の技法を習うことができます。

モード界に今も息づくパリの刺繍芸術に触れジュエリーとして身につけて楽しんでみませんか。

 

 

オートクチュールビーズ刺繍ジュエリー通信講座オートクチュールビーズ刺繍ジュエリー通信講座オートクチュールビーズ刺繍ジュエリー通信講座

 

※本講座は株式会社オールアバウトライフワークスとの提携講座です。

講座の説明

レッスン作品は全て身に着けて楽しめるジュエリーアイテム。小さな世界観の中で卓越したオートクチュール刺繍の技術を短時間で、効率よく学ぶことができます。

 

刺繍枠にシルクオーガンジーを張って縫い針で刺繍します。シルクは目が細かく生地が丈夫で刺しやすいので難易度の高い技法もスムーズです。繊細なデザインと仕立てにとても適しています。

 

教材にはパリコレで使われているフランス製のパイエットと海外でも定評のあるMIYUKIビーズを使用します。ほかにもスワロフスキー・クリスタルや高級リボン、レース、金属系の素材など魅力がたくさんあります。

 

教材にはパリコレで使われているフランス製のパイエットと海外でも定評のあるMIYUKIビーズを使用します。ほかにもスワロフスキー・クリスタルや高級リボン、レース、金属系の素材など魅力がたくさんあります。

 

カリキュラムで学んだ技術は工夫次第でご自身の作品制作のために、さまざまな生地・素材に直接刺して楽しむこともできます。またジュエリー以外にもバッグや小物、キルト・パッチワーク作品への刺繍装飾にも用いることができる汎用性の高い、一生モノの技術です。

 

<レッスンキット紹介>

 

【Lesson1】  ヴェルミセルとムースのフラワーブローチ

 

【Lesson2】  シルクシフォンとチェーンのコサージュ

 

【Lesson3】  パイエットの連続刺しとフレンチノットステッチのリボンブローチ

 

【Lesson4】  フィッシュボーンステッチとストレートステッチのリーフブローチ

 

【Lesson5】  両面刺しのワイヤー入り立体フラワーコサージュ

 

【Lesson6】   ポワンデカイユとサテンステッチのフラワーネックレス

 

 

<通信講座でお届けする教材>

 

 

  1. レッスンキット1~6
  2. オートクチュールビーズ刺繍ジュエリー認定教科書
  3. オートクチュールビーズ刺繍ジュエリー認定講座 レッスンDVD
  4. ギッターマン刺繍糸 100m 169(ベージュ)
  5. ギッターマン刺繍糸 100m 38(ライトグレー)
  6. ギッターマン刺繍糸 100m 111(ホワイト)
  7. メタリックスレッド金銀糸(シルバー)約70m巻
  8. シルクオーガンジー 30㎝四方カット(5枚入り)
  9. チューリップ ビーズ針10号(短) 4本入
  10. とじ針No.15~20(15×2、17×1、18×2、20×1)
  11. クロバー フランス刺しゅう針 No.3~9取合せ(7種各2本入)
  12. リボン刺しゅうステッチ針細タイプセット
  13. シルクピン 20g入 <No.4>(約380本入)
  14. ユニボール シグノ ゲルインクボールペン0.7mm(ホワイト)
  15. チューリップ 極細目打ち ピンク TM-01
  16. コニシ ボンド木工用 速乾(50g)
  17. 多目的クラフトボンドNeo/KAWAGUCHI
  18. 先細ピンセット
  19. 台座付の木製刺繍枠(丸枠 21.5cm)
  20. 綿綾テープ(幅20mm 3m巻 生成)
  21. 布用両面テープ(幅20mm 10m巻)/KAWAGUCHI

 

 

<教科書>

 

認定講座の教科書として、キットに封入されているレシピに沿って課題作品6点を作るためにプロセス形式で手順を詳しく解説しています。また、オートクチュールビーズ刺繍の基本的な知識や課題作品をよりよく仕上げるためのポイント、間違いやすい点などもまとめられたテキストです。
個人で楽しまれる方もオートクチュールビーズ刺繍の手引書として講座終了後も長く使っていただけるようたくさんの情報が盛り込まれております。(全ページオールカラー)

 

 

最後まで、ご覧いただき、ありがとうございました!ワンランク上のアクセサリーを作ってみませんか。お申込みはこちら↓

 

 

 

 

オススメ講座

▲ページトップへ戻る