マインドフルネス講座

¥ 33,000(税込)

必須

講座の概要

『最高の休息法』著者 久賀谷 亮 氏が直接レクチャー
シリーズ累計26万部を突破した『最高の休息法』を著書に持つ、久賀谷 亮 氏を講師として、科学的に正しい「脳の休め方」を知り、シンプルな「脳疲労を解消する7つの休息法」を習得します。
脳の働きを高め、自身のパフォーマンスアップに繋がります。

 

【講座の特徴】
1、外出せずに自宅で学習可能なオンライン講座です。
2、『最高の休息法』著者より、科学的な「脳の休め方」を直接レクチャー
3、脳科学の観点から、マインドフルネスの技術を身につけられる

 

脳科学に基づいたシンプルな「脳の疲労を解消する7つの休息法」を習得し、パフォーマンスアップを実現させましょう。

講座の説明

▼こんな方におすすめ▼

・マインドフルネスに興味のある方
・マインドフルネスの実践方法を身につけたい方
・思考のループから抜け出したい方
・自分のパフォーマンスをアップさせたい方
・日々ストレスを感じている方

 

▼講師▼

久賀谷 亮 氏
医師(日・米医師免許)/医学博士
イェール大学医学部精神神経科卒業
アメリカ神経精神医学会認定医
日本で臨床および精神薬理の研究に取り組んだあと、イェール大学で先端脳科学研究に携わり、臨床医としてアメリカ屈指の精神医療の現場に8年間にわたり従事する。
そのほか、ロングビーチ・メンタルクリニック常勤医、ハーバーUCLA非常勤医など歴任。ロサンゼルスにて2010年開業の「TransHope Medical」クリニックでは、院長としてマインドフルネス認知療法やTMS磁気治療など最先端の治療を推進し、日米で25年以上のキャリアを持つ。
脳科学や薬物療法の研究分野では、2年連続で「Lustman Award」(イェール大学精神医学関連の学術賞)、「NARSAD YoungInvestigatorGrant」(神経生物学の優秀若手研究者向け賞)を受賞。
主著・共著合わせて50以上の論文があるほか、学会発表も多数。著書に「世界のエリートがやっている最高の休息法」など。

 

~ドクターコメント~
情報量の増加、予期せぬ伝染病などで、私たちの脳は疲れています。マインドフルネスは欧米から広がり、世界中でこころと脳を整える方法として今注目されていま す。脳を休め、深い休息を得る方法を、脳科学の視点を踏まえてお伝えします。

 

▼カリキュラム▼

①マインドフルネス呼吸法 ~とにかく脳が疲れているとき~

注意散漫、無気力、イライラなどは脳疲労のサイン。
現在に意識を向ける「心の練習」をすることで、疲れづらい脳を作ります。


②ムーブメント瞑想 ~気づくと考え事をしているとき~

グーグル社の社員研修でも取り入れられているムーブメント瞑想を行います。
「自動操縦モード」での雑念から脱し、注意力・集中力を上げていきます。


③ブリージング・スペース ~ストレスで体調が優れないとき~

ストレスによる身体への影響に気づき、それを脳(前頭葉と偏桃体の関係性)から改善していくワークです。

 

④モンキーマインド解消法 ~思考のループから脱したいとき~

脳のエネルギーが膨大に浪費され、疲労蓄積、睡眠の質低下の要因となる「モンキーマインド状態」(様々な雑念が渦巻いている)から抜け出すワークです。


⑤RAIN ~怒りや衝動に流されそうなとき~

脳への過度なストレスによる「偏桃体(本能や感情を司る)」の暴走を止め、「前頭葉(理性)」とフラットに均衡する脳構造をつくるRAINの4ステップのワークです。


⑥やさしさのメッタ ~他人へのマイナス感情があるとき~

ストレスの大半は人間関係の中から生まれます。嫌悪、妬み、怒りといったネガティブな感情を減らし、他人に対する愛情・慈しみを内面に育てるワークです。


⑦ボディスキャン ~身体に違和感・痛みがあるとき~

脳の状態は、自律神経やホルモンを介して身体に反映されます。短期的な痛みの抑制だけではなく、痛みに対処できる脳構造を作るワークを行います。


 

 

【注意事項】
※映像視聴期間は2ヶ月となります。(視聴可能期間は2021/6/15以降となります)
※視聴期間が過ぎましたら、視聴期間は終了となります。
※視聴期間の延長はできません。
※教材の発送は2021/7/1以降、順次対応させていただきます。
( 発送予定教材:講座レジュメ 他 )
※お支払い方法は「クレジットカード」「銀行振込」「教育ローン」がご利用頂けます。

 

オススメ講座

▲ページトップへ戻る